副院長 福田 禎治
  昭和59年 筑波大学医学専門学群卒業
昭和59年 筑波大学付属病院
平成1年  筑波メディカルセンター病院
平成3年  日立製作所多賀総合病院 主任医長
平成13年 日立製作所水戸総合病院 主任医長
平成17年 医療法人 弘仁会 志村病院 副院長
  日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医
日本乳癌学会 認定医
 我が国における乳がん罹患数は胃がんを抜いて第一位になり、死亡率は胃がん、肺がん、大腸がんに次ぐ高さとなっています。今や日本人女性の30人に1人が乳がんにかかるとも言われています。そこで、早期発見による乳がん死亡率の低下を目標として検診にマンモグラフィが導入されました。しかし「検診で精密検査の通知をもらったがどこへ行こうか、自覚症状があるが専門病院はどこにあるのか。」という質問がまだあります。こういった方々のために乳がんの診断・治療を目的として乳腺専門外来を開設いたしました。外科では、視触診・マンモグラフィ・超音波を用いた基本的な診断から、超音波ガイド下の穿刺吸引細胞診や針生検などの精密検査を行います。また、治療の必要な方への詳しい説明および、セカンドオピニオンの提案を行います。手術後の外来通院、経過観察は、当施設で手術を受けられた方に限らず、他施設より紹介された方もすべて同じように行い、紹介施設への経過報告を行います。精密検査の必要な方、自覚症状がはっきりしなくても、何かおかしいな、ちょっと診てもらいたいな、といった方、ぜひ気軽に当専門外科を受診していただけることを願っています。
※乳腺外来は、予約制となっております。お電話で予約の上、来院下さい。なお急な場合は、お電話にてご相談下さい。
 
 
   
マンモグラフィ
  当病院導入設置マンモグラフィ
【GE 横河 (東洋メデック)社 Perfoma】

乳房撮影検査(マンモグラフィ)とは
乳房のX線撮影のことをマンモグラフィと呼んでいます。マンモグラフィは胸部X線検査などと原理は同じですが乳房という軟部組織をより鮮鋭に写し出すために専用の特殊撮影装置で撮影します。通常のX線撮影より低いエネルギーのX線を使用するため薄い衣服の線も写ってしまいますので上半身裸で撮影します。また、ミリ単位の病巣等を描出させるため、乳房をアクリルの板とフィルムで挟んで出来るだけ乳房を平らな状態にして撮影することにより、より少ないX線量で、より広い範囲を鮮鋭に撮影することが出来ます。
   
 
 
←診療案内へ戻る